自分の欲求も知らずにコーチングなんてできない

マインド

自分の欲求も知らずにコーチングなんてできない

2019年07月30日  
コーチングを知る上で自分を知ることは絶対に必要なことなんです。

コーチ自身はどんな価値観を持っている人間なのか、自分という色眼鏡で相手を見ていることを認識しなければいけません。

自分を知る上で、自分にはどんな欲求があるかを理解してください。

というか、欲求満たしたいですよね?

私はめっちゃ満たしたいですw

ところで、欲求って実は段階があるの知っていましたか?

・生理的欲求・・・食欲、睡眠欲、性欲
・安全欲求・・・健康でいたい、嫌なことを回避したい
・社会的欲求・・・組織にいたい、友達が欲しい
・承認欲求・・・認められたい、尊敬されたい
・自己実現欲求・・・自分の能力を活用したい、理想を実現したい

いわゆる、マズローの5段階欲求説というものです。

「人は生理的欲求が満たされてから安全欲求を満たしたいと思うよ」ってことをマズロー先生がおっしゃったそう。

じゃあ、自分はどこまでの欲求を満たしているのでしょうか?

そして、コーチが満たしているべき欲求のレベルはどこだと思いますか?

当然、コーチに求められるのは自己実現欲求を満たしている状態!

だって、もっと褒めて!私のことを構ってよ!なんていうコーチが気持ち悪いじゃないですか。

もっと素直になろうよ




あなたに質問です。

「お金も人脈も健康もあって、もし何でもできるとしたら何をしたいですか?」

やりたいことは何個見つかりました?

数個しか思いつかなかったという人はヤバイです。

普段から我慢しすぎて自分のやりたいことがわからなくなっています。

自分の気持ちを殺して人生を生きるなんて悲しすぎます。

小さいことでもやりたいことがたくさんあって、普段から自分のやりたいことを実現していると欲求に素直になれるんです。

コーチングを受けるなら、ストレスをいっぱい抱え込んだコーチより、朗らかで幸せそうにしているコーチの方がいいじゃないですか。

コーチは相手の感情を大切にする生き物なんです。

まずは自分の感情を大切にしてあげて欲しいです。

自分を認めることから始めよう



みんな自分に厳しすぎませんか?

ダメな自分でもいいじゃないですか。

人に迷惑をかけてもいいじゃないですか。

完璧な自分を追い求めたって苦しいだけですよ。

ありのままの自分でいましょうや。

そんな心持ちになれば、今の自分を認めてあげることができるようになります。

それを自己承認というですよ。

マズローの5段階欲求説でいう承認欲求を満たしている状態です。

まずはこの自己承認を十分に満たしましょうや。

それから自己実現をする自分になっていけばいいんです。

すぐに変わらなくても焦る必要なんてないんです。

自分らしくいることが大切なんです。

それがコーチングの時にで表れてきて、相手はありのままを見せてくれるコーチを信頼するようになります。

少しずつ、時間をかけて成長して行きましょう。


n
このエントリーをはてなブックマークに追加