感情ノートを書くことが最高の自己分析である理由

マインド

感情ノートを書くことが最高の自己分析である理由

2019年08月01日  
就職活動や転職活動をしている人にとって必ずしなければならないのが自己分析。

ところが、自分はどんな人間なのか、何をやりたいのか自己分析をやるほどわからなくなります。

実はほとんどの自己分析は、やり方が間違っているか質が低いのです。

自己分析は、何をやりたいか(意思)とどんな人間か(感情)の両方を分析しなければならないのです。

新卒の場合は、何をやりたいかなんて曖昧でも問題ないですし、漠然とこれまで学んできたことを活かせる仕事を選んでも大丈夫。

しかし、自分の感情についてしっかり分析しなければ相手から信用されず内定をもらうことも難しくなります。

だからこそ、自分の感情を知るための最高の方法である、感情ノートを書くことをオススメします。

感情ノートって何?って方がほとんどだと思いますが、実はこれ自分を知るのに昔っから活用されてきた方法です。

使い方はいたってシンプル。

1日の終わりに自分が今日感じたことをノートに書きまくるだけです。

ではいったい何故、これだけで自分を知ることができるのでしょうか?

▼目次
感情ノートとは
感情は長期記憶に残らない
人は自分がどんなことを感じているかに無頓着
感情を知ることのメリットとは
まとめ

感情ノートとは

感情ノートとは、「こんなことがあって、めっちゃ嬉しかった」とか「すげぇ辛い気持ちになった」とか、自分の気持ちを素直に書き出す作業のことです。

何か嬉しいことや嫌なことがあったら、その場で感情ノートに書き込んでください。

ただ、いきなり感情ノートを出して書き始めると周りから変な目で見られるかもしれないので、毎晩1人でいる時に書き留めるといいでしょう。

自分の気持ちを素直に表現すると、すっきりした気持ちになります!

自分の感情を表現すると胸の中のわだかまりが溶けて、自分の感情をそのまま受け入れることができるようになります。

最初は何だか恥ずかしい気持ちかもしれませんが、誰に見せるわけでもないので素直に書き留めましょう。

こうすることで、自分の気持ちを開放する時間を作ってあげることが大切です。

また、自分の感情を感情ノートに書き出すことで、改めて自分と向き合うことができるようになります。

実は、成功者のなかでもこの感情ノートを使っている方は多くいます。

新規事業を立ち上げるときや、事業が上手くいっていないとき、または急成長しているとき、大きな変化があるとき、感情ノートを使って自分を見つめ直しています。

もし、事業や人生で成功したいと考えているなら感情ノートを書くべきでしょう。

感情は長期記憶に残らない

感情は、長期記憶に残らず、すぐに忘れてしまうのです。

感情が長期記憶に残ることはありません。

昔のことを思い出して感じる気持ちは、思い出したときに改めて記憶を再構成してその時に新しい感情が発生しているだけです。

何かを思い出して、その時体験した感情と全く同じ感情を再現できることなんてありませんよね。

ところで、自分が何にどんな感情が発生しているのか忘れてしまうと、何が好きで何が嫌いかを自己認識できなくなってしまいます。

だからこそ、記録に残して後から確認出来る感情ノートに記録することがが大切になります。

感情ノートを記録していくと、自分が何にどんな感情を発生させることが多いか客観的にわかるようになります。

また、普段から自分がどんな感情でいるのかもわかります。

つまり、感情ノートは自分の人生のバロメータにもなるのです。

今自分は幸せな人生を歩んでいるかチェックをすることも大切ですよね。

人は自分がどんなことを感じているかに無頓着

人は自分の感情に無頓着になってしまうことが多いです。

特に日本人は、自分の感情を抑えて周りに合わせようとする傾向があります。

そうすると、自分の幸せが何か、自分にとって不幸とは何か、感情を見失うと人生の指針を見失ってしまうことに。

幸せや喜びを感じながら人生を過ごしたいと思うことは当たり前のことだと思います。

しかし、幸せを感じながら生きる人生を諦めてはいないでしょうか?

望んでも手に入らないのだから、最初から望まなければいいと思っていないでしょうか?

人は自分の人生に責任を持って、「最高だ!」と言える努力をしなければなりません。

その姿を周りや子供が見て、自分も最高の人生を過ごせるよう努力しようと思います。

自分の人生の指針を見失ってはいけません。

もし、わからなくなっている人は、自分の感情を大切にするようにしましょう!

感情を知ることのメリットとは

感情を知るメリットはたくさんあります。

すでに紹介した、自分の人生の指針を見つけることができますし、自分が何を幸せだと感じるかわかれば、それに向けて努力することもできます。

特に自分に自信が持てるようになることが最も大きなメリットです。

なぜ、感情を知ると自信が持てるのか疑問に思う人もいるかもしれません。

それは、自分はこういう人間だと知ると、他人の顔色を伺ったり、意見を合わせたりする必要がなくなり、自分が良いと思うことを突き進めるようになるからです。

自分の人生を自分で決めて行動するようになると、自然と自信が身についていきます。

もし、自分に自信がないと感じているなら感情ノートを付けるようにしましょう!

まとめ

今回は、自分を知るための手段である感情ノートについてご紹介しました。

昔からある手法で、新しいものではありませんが、悩んでいる人にほど実践してほしい内容となっています。

具体的なやり方などは、他のサイトでいくらでも紹介されているので、そちらを参考にしてみるのもいいかもしれません。

ただ、どうしても書くことが苦手とか、中々継続できないという方は、誰かのサポートを受けることも大切になります。

必要だと思う方は、お試しコーチングにお申し込みしてください。

[code: :apply_session]


n
このエントリーをはてなブックマークに追加