【図解】コーチングとコンサルティング、ティーチングの違いとは

ノウハウ

【図解】コーチングとコンサルティング、ティーチングの違いとは

2019年08月05日  
コーチングとコンサルティング・ティーチングの違いがわからないという声をよく聞きます。

コンサルは提案する人で、ティーチ(教師)は教える人というイメージを持っていても、コーチングについては知らない人がほとんど。

実際、コーチという肩書きでコンサルティングを行う人もたくさんいるので余計に混乱してしまうのかもしれません。

今回は、中国の老師の言葉で「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」という格言を例にとって、コーチング、コンサルティング、ティーチングの違いをそれぞれ図を使ってご紹介します。

老師曰く「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」。でも、コーチングはどちらでもない!?
▼目次
コンサルティングとは
ティーチングとは
コーチングとは
コーチングへの誤解

コンサルティングとは

コンサルティングは、魚の釣り方をアドバイスする行為です。

必要であれば、実際に川へ釣れて行き、餌や釣り道具を揃え、どのタイミングで餌をたらせばいいかもアドバイスします。

例えば、あそこの川に、朝4時から、この道具と餌を持って、こんな風に釣りをすれば釣れますよ!と具体的なアドバイスをします。


コンサルタントは、自分のアドバイスでどのくらいの成果が出せるかが大切です。

例えば、マーケティングのコンサルタントなら、「こんなホームページを作って広告費を◯◯万円かければ△件以上の契約が取れます。」と約束します。

実際に作業を行うのは提案された側ですが、具体的に何をどうすればいいかアドバイスをもらえます。

コンサルティングを受けるのは、成果にコミットしたい場合に向いています。

ティーチングとは

ティーチングとは、魚の釣り方を教える行為です。

魚を釣るには、どんな川や池に行くとよくて、どんな餌や釣り竿を使って、どんな風に釣るかなど、釣り方を教えます。

これはいわゆる授業を受けるのと同じことです。


ティーチングでは、実際に川に行って試してみるのではなく、知識としての釣り方を学びます。

コンサルティングと違うのは、提案されるのではなく、何が最適かを知識の中から自分で選び出さなくてはならないことです。

コンサルティングは私たちが知りたい情報を教えてくれるのに対し、ティーチングは自分で学んだ知識を自分で活用しなければなりません。

ティーチングが目指すのは、相手に正しい知識を覚えさせることなのです。

コーチングとは

コーチングとは、魚を釣ろうという「意識」を引き出す行為です。

魚を釣ることでどんなメリットがあるのか考えさせたり、一歩踏み出せない原因を見つけ、踏み出すための勇気を与えたりします。

本人に魚を釣るための必要なことを考えさせ、自分で知識を集め「行動」するようにサポートします。


コーチングは、魚を与えることも、釣り方を教えることもありません。

実際、釣り方を調べて道具を準備し釣りに行くことは難しくないはずです。

コーチングでは「自分なんて頑張ってもできっこないよ」、「魚を与えてもらう方が楽だよ」と自信を失っている人に、「自分でもできる!」、「挑戦してみよう!」という意識を引き出すのがコーチングなのです。

自分で魚を取る努力をせず「誰かがなんとかしてくれるさ」、「早く私のことを助けなさいよ!」と思っている人は一生誰かに助けてもらわなければ生きていけないのでしょう。

自分で努力しようという「意識」が大切なのです。

「行動しよう!」という「意識」を引き出すのが、コーチングなのです。

コーチングへの誤解

以前、私がコーチングをしていると話すと、こんなことを言う人がいました。

  • コーチングを誤解している人
  • 「私にコーチングをして収入を上げさせてみなさいよ。出来なければ偽物よ!」

(実際、初対面の人に言われました・・・)

こう言う人の価値観は、「誰かが私を助けてくれて当然!」というものです。

しかし、「行動しよう」と意識を引き出すことがコーチングの効果なのです。

コーチングは魚(結果)を与えたりしません。


もし、コーチングを受けてみようと考えている方は今自分が必要としているものは何か、今一度考えてみてほしいと思います。

例えば、転職で悩んでいたとしても、人によって必要とするものは違ってきます。

もし、転職するために自分の市場価値を知りたいと思うのであれば、転職コンサルタントにアドバイスをもらいに行くべきです。

もし、転職するための職務経歴書の書き方に不安があるなら、正しい書き方をティーチングしてもらうべきです。

もし、転職したいけど勇気を出せず活動できていない人は、本当に自分にとって大切なものは何か発見するためにコーチングを受けるべきです。

コーチングもコンサルティングもティーチングも、どれが優れていて、どれが劣っているということはありません。

自分が必要とするものをきちんと見極めて、必要なサービスを受けることが大切です。

もし、「やりたいことがあるけど、勇気がでない」、「自分の人生の方向性がわからなくなった」など悩んでいるならコーチングを受けることをお勧めします。

コーチングを受けるにはどこに依頼すればいいか、私が実際に体験した記事をご紹介しますので、こちらを参考にしてください。

コーチングの体験


n
このエントリーをはてなブックマークに追加